役に立つ資産承継ニュース http://www.kirk-f.com Thu, 28 Apr 2016 12:03:32 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 老後資金の形成のサポートを http://www.kirk-f.com/2015/10/17/entry-20151017/ http://www.kirk-f.com/2015/10/17/entry-20151017/#comments Fri, 16 Oct 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/10/17/entry-20151017-2/ 日本において、今大きな問題となっているのが「老後資金」についての問題です。これまで、老後資金というのは公的年金と退職金によって概ねまかなえるものであるとして考えられてきました。確かに団塊の世代ぐらいまでの人達であれば、これでも問題なく生活ができていたと言えます。しかし、公的年金の仕組みが縮小していくに当たり、今後そのようなことができなくなることが目に見えてきました。その為、個人による資産形成が重要視されるようになったわけです。

そんな老後資金の形成に向けた投資のサポートを行っているのが、アブラハム・グループ・ホールディングスという会社です。アブラハム・グループ・ホールディングスは社会的課題を解決する|高岡社長という目的で活動を行っています。

この会社は2013年に一度投資助言会社の六ヶ月間業務停止命令を受けることになりました。アブラハム・グループ・ホールディングスだけではなく、大手のコンサルティング業者が合計9社も業務停止される事態となったわけです。多くの会社がこれによって解散することになりましたが、アブラハム・グループ・ホールディングスは社員がやめることなく、6ヶ月後に新たな金融ライセンスを取得して復活を遂げました。

]]>
http://www.kirk-f.com/entry-20151017/feed/ 0
マンション投資をする上での前提条件 http://www.kirk-f.com/2015/07/09/entry-20150709-2/ http://www.kirk-f.com/2015/07/09/entry-20150709-2/#comments Wed, 08 Jul 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/07/09/entry-20150709-2/ マンション投資は不労所得が魅力ということで、将来的に挑戦してみたいという方も多いと思います。しかし、マンション投資には向き不向きがあります。

マンション投資はマンションを買って、その賃料を収入源として賃貸経営を行う、というただこれだけのことですが、果たしてマンション投資はどのような方が向いているのでしょうか?

大前提として、毎月一定の固定収入がある方です。つまり会社員の方になります。ワンルームマンションなら少ない金額でもはじめられますが、そうは言ってもすべて自己資金で、というのは無理があります。そのため、金融機関から多額の資金をローンで調達しなくてはなりません。しかし、ローンを組む場合、家賃収入があるとはいえ、やはり本人の資質は見られます。あくまで「この人にお金を貸しても果たしてお金は戻ってくるのだろうか」という視点でチェックするのですが、性格的なことはどうであれ、まずは返済できるだけの生活基盤はあるのかどうかが大事なポイントです。
その上で毎月一定の収入が得られているのは、金融機関の中では前提としてあるので、安定した収入のある会社員の方は金額の代償に関わらず、大きなアドバンテージがあります。

]]>
http://www.kirk-f.com/2015/07/09/entry-20150709-2/feed/ 0
早期にこども保険に加入する家庭が増加 http://www.kirk-f.com/2015/05/17/entry-20150517-2/ http://www.kirk-f.com/2015/05/17/entry-20150517-2/#comments Sat, 16 May 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/05/17/entry-20150517-2/ 最近ではお子さんの出産間近になってこども保険に加入される家庭が多くなってきました。
こども保険はお子さんの教育資金の積立を目的とした保険商品です。満期とするタイミングはお子さんが17歳、18歳、20歳、22歳などに達した段階という形であらかじめ決められて、その中から選ぶことができます。満期となった時には満期学資金が支払われ、積み立ててきた保険料と利息を受け取ることができます。また、高校、大学入学時にはお祝い金という形で保険会社から一定の金額が支払われます。

積み立てる金額は保護者やお子さんの年齢によって異なりますが、保護者、お子さんの年齢が上がれば上がるほど、毎月積み立てる金額が増えていきます。これまではお子さんが0歳、つまり産まれてすぐに加入するケースがもっとも多かったのですが、最近は生まれる2、3ヶ月前に加入する家庭が増えてきました。

こども保険も多くの会社が参入し、消費者もニーズが多様化しています。様々な販売会社が保障内容などで差別化を図っていたのですが、最近では出産前の段階で加入できる保険が増えてきました。もちろん、早ければ早いほど、毎月の保険料が安くなりますので、早期加入するケースが増えてきたのです。

]]>
http://www.kirk-f.com/2015/05/17/entry-20150517-2/feed/ 0
目的から貯蓄型保険を選ぼう http://www.kirk-f.com/2015/03/11/entry-20150311-2/ http://www.kirk-f.com/2015/03/11/entry-20150311-2/#comments Tue, 10 Mar 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/03/11/entry-20150311-2/ 貯蓄型保険を利用することを考えるのであれば、当然ながらどんな保険を利用するのかを考える必要があります。貯蓄保険として代表的なのは終身保険、養老保険、年金保険、学資保険などです。これらはまず目的から大きく二つに分類することが出来るでしょう。

前三者については老後、ないしは自分の死後に向けた保険ということになります。対して学資保険は子供の将来に対する保険ということになります。これらの壁というのは超える事ができず、まずはどちらの目的で貯蓄型保険を利用するのかを考えると良いでしょう。

では、前三者についてはどのように選んでいけば良いでしょうか?まず、自分が生きている間には保険効果を期待しない、あくまでも自分の死後についての保険が欲しいというのであれば、終身保険が適しています。死亡時に返戻されるため、自分の手元に来ることはありませんが、残される金額は大きく家族のその後を支えるのには十分です。

養老保険は、この終身保険に満期を設定したものです。満期を迎える前に亡くなってしまってもその時点で保険金が支払われますし、満期を迎えた場合にもその時点で保険金を受け取ることが出来るようになっており、フレキシブルな対応が可能です。

]]>
http://www.kirk-f.com/2015/03/11/entry-20150311-2/feed/ 0
保証期間付終身年金を利用する http://www.kirk-f.com/2015/02/04/entry-20150204-2/ http://www.kirk-f.com/2015/02/04/entry-20150204-2/#comments Tue, 03 Feb 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/02/04/entry-20150204-2/ 個人年金としてのシステムと、保険としてのシステムを両立している保険商品である個人年金保険というものをご存知でしょうか?老後資金に対する悩みというのは多くの人が大なり小なり抱えているかと思います。さらに、健康や自分の死後の心配というのも、同様に多くの人が抱えていることでしょう。

この個人年金保険というのはその両方に対してアプローチしているものだと考えて頂ければ良いと思います。そこでここでは、個人年金保険の種別の一つである保証期間付終身年金というものについて紹介していきたいと思います。これは、年金を受け取ることができる期間が少なくとも何年か保障されているというものです。

というのも、もし保険料を支払い終わった直後に死亡してしまった場合、結局保険の年金部分の効果を得る前に終了してしまうことになるためです。このような自体を避けるために、もし受給開始から一定期間内に死亡してしまった場合について、一定期間の年金受給の資格が家族に引き継がれるというものです。終身保険もありますから、死亡時の保険金も支払われます。

自分のためというよりは、残された家族のことを考えた保険のシステムであり、大黒柱にとっては重要な方法の一つとなるでしょう。

]]>
http://www.kirk-f.com/2015/02/04/entry-20150204-2/feed/ 0
個人年金保険の基礎知識と使い方 http://www.kirk-f.com/2015/01/10/entry-20150110-2/ http://www.kirk-f.com/2015/01/10/entry-20150110-2/#comments Fri, 09 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2015/01/10/entry-20150110-2/ 将来、誰にも訪れる老後について不安があり、個人年金保険にも興味を持ち始める方も多いのではないでしょうか?

個人年金には大きく分けて2種類あります。
定額年金と、変額年金です。

定額年金とは、将来の年金額を最初に設定して毎月一定額の保険料を支払っていくタイプの保険です。
変額保険と違って予定利率に変動はなく、将来決まった額の年金が受け取れるのが特徴です。

変額保険とは、毎月支払う保険料は変わりませんが、将来受け取れる年金の額は保険会社の運用結果実績次第で変動するので、将来決まった額の年金を受け取るタイプではありません。運用結果が良ければ、将来受け取れる年金も多くなりますし、逆に運用結果が悪ければ、将来受け取れる年金額はその分少なくなります。

変額保険では、預かった保険料を一般的な一般勘定ではなく、特別勘定というところで運用します。
その特別勘定では、一般的な保険の運用方法である国債などの手堅い金融商品の比率は少なく、株式などに積極的に投資されるのが特徴です。

手堅く決まった年金を受け取りたい人は定額年金が向いていますし、リスク許容度の大きい人は変額保険に魅力を感じると思います。個人年金保険は、保険である事から、万が一の保障が付いている点が投資信託などで将来に備えるのと大きく違います。

]]>
http://www.kirk-f.com/2015/01/10/entry-20150110-2/feed/ 0
資産形成のポイントは貯蓄と投資 http://www.kirk-f.com/2014/12/19/entry-20141219-2/ http://www.kirk-f.com/2014/12/19/entry-20141219-2/#comments Thu, 18 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2014/12/19/entry-20141219-2/ 資産形成のポイントは投資と貯蓄のバランスにつきます。収入を増やすことや支出を減らすことも大切ですが、これらは頑張ろうと思っても限界があります。しかし、投資と貯蓄は可能性をいくらでも増やしていくことができます。

たとえば投資に関しては、会社員の方であれば勤務先から支給される毎月の給料やボーナスを元に投資商品を購入して投資をしていくことと思います。今は会社員の方からは投資信託が人気があります。投資信託は少ない資本ではじめることのできる資産運用で、1万円くらいの金額から投資を行うことができます。投資信託購入後はプロのファイナンシャルアドバイザーが集めた資金を元に株式や債券を購入し運用してくれます。運用益は投資をした投資家に分配されます。つまり少ない資本でプロに運用を委託して、それによる利益を受け取ることができます。投資信託はローリスクで資産が増やせる投資になります。こうした投資商品を使って資産を育てていくことが可能です。

また、貯蓄に関しては毎月少ない金額でも少しずつ貯めていくことで時間をかければその分増えていきます。しかし、貯蓄も物価が上がれば目減りしますので、投資に回すなど生きたお金の使い方をすると良いです。

資産形成のポイントは投資と貯蓄のバランスあなたは考えてますか?

この記事を読んだ方はこちらのコンテンツにも興味があるかもしれません。
新たなビジネスモデルで業界に風穴を吹かせるベンチャー企業を大特集!
知って得する情報が盛りだくさんなのでぜひお読みください。

]]>
http://www.kirk-f.com/2014/12/19/entry-20141219-2/feed/ 0
自分の保険について見なおしてみよう http://www.kirk-f.com/2014/12/04/entry-20141204-2/ http://www.kirk-f.com/2014/12/04/entry-20141204-2/#comments Wed, 03 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2014/12/04/entry-20141204-2/ 保険の利用というのは人生において大きな課題の一つとなることでしょう。保険の選択によって、人生全体に及ぼす影響というのは意外にも大きいものであるためです。そこでここでは、そんな保険の中でも大きな選択肢の一つである「生命保険」について考えていきたいと思います。

生命保険というのは多くの人が利用している保険の種類ではありますが、万人に必要な保険の種類ではありません。というのも、明らかに生命保険が必要ではない人、というのが存在しているためです。それは、言ってしまえば天涯孤独な人間です。より分かりやすく言うのであれば、自分が死亡することによって金銭的に困ってしまう人間を持たない人、がこれに当たります。

生命保険というのは死亡時に保険金が支払われるというシステムで、受取人を自分以外に設定する必要があります。そのため、自分しか保険の対象者がいないのであれば掛ける必要はありません。医療特約などを目的にして生命保険を利用指定という人も多いかと思いますが、その分の保険料が無駄になっています。そもそも医療保険なんていうのは健康保険と貯蓄で大体問題なく乗り切れるため、もう一度自分の保険について見なおしてみる必要があるでしょう。

]]>
http://www.kirk-f.com/2014/12/04/entry-20141204-2/feed/ 0
賃貸経営は手堅い副業になります http://www.kirk-f.com/2014/11/13/entry-20141113-2/ http://www.kirk-f.com/2014/11/13/entry-20141113-2/#comments Wed, 12 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2014/11/13/entry-20141113-2/ 将来の資産を増やすためには、本業のほかに副収入を得るのが最も効果的な方法です。しかし副収入といいましても、本業とアルバイトの両立は体力を使いますし、私生活の自由時間も奪われていきますので、肉体的にも精神的にもハードなものだと思います。

そんな中で、負担の少ない副業としまして賃貸経営を行なうという方法が注目されています。賃貸経営は、人を住ませる物件を所持さえしていれば誰でも参加できるという気軽な副業なのです。方法としまして、シェアハウスが最も経済負担が少ない賃貸経営方法なのですが、ひとつの住居に他人が住むという事で、盗難などのトラブルが絶えませんのでお勧めできません。

賃貸経営の方法としまして、経営用にマンションの一室を購入してしまうという方法が一般的になっています。一軒家を購入するよりもマンションは比較的低予算から購入が可能ですし、住人の募集も不動産屋任せで簡単に見つかりますので、賃貸経営を行なう方法としまして最も難易度の低い物件といえるでしょう。

マンションの購入費用なのですが、住宅ローンは簡単に審査が通りやすいという特徴があります。条件として3割の頭金と本業で定期的な収入があれば審査に通りますので、副業が欲しいのなら思い切ってローンを組むのも良いかもしれません。

]]>
http://www.kirk-f.com/2014/11/13/entry-20141113-2/feed/ 0
長期分散投資のはどのくらい長期で保有すべきか? http://www.kirk-f.com/2014/11/04/entry-20141104-2/ http://www.kirk-f.com/2014/11/04/entry-20141104-2/#comments Mon, 03 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/kirk-f-com/2014/11/04/entry-20141104-2/ リスクを減らしながら投資をするなら長期分散投資に限ります。長期分散投資はリスクを極限まで減らし、さらに投資した資金を最大限に増やす期待が持てる投資法です。それほどまでに魅力的と言われる長期的ですが、具体的にはたくさんの銘柄に対して分散しながら、買った銘柄を保有し続ける、ということになります。分散投資を行うことで、株価下落による資産の目減りリスクを減らし、かつ、長期保有に伴う複利の効果で資産を効率的に大きく成長させることも可能にさせます。

では、どのくらい長期で保有すればいいのか、という疑問も生まれることでしょうが、これは具体的にこれくらいが良いとは言いきれません。投資する際の年齢や資産を育てる期間、元の元本などすべて条件が人によって異なるからです。
しかし、複利の効果を享受できるという意味では一年でも長く保有することがおすすめです。複利は元金についた利息にも金利がつきます。利息が利息を生み出しますので、長い年月をかければかけるほどその威力が発揮されます。

また、せっかく分散投資をするならば、株式のファンドと債券のファンドなど、異なる種類のファンドに分散することです。分散を重ねることでリスクはさらに減らせます。

Slideshareの注目コンテンツをご紹介します。
富裕層向け金融サービスで確かな実績を持つアブラハムグループの新会社のパンフレットはこちら
サービス概要やCredo、役員紹介等が掲載されています。

]]>
http://www.kirk-f.com/2014/11/04/entry-20141104-2/feed/ 0