役に立つ資産承継ニュース

マンション投資は不労所得が魅力ということで、将来的に挑戦してみたいという方も多いと思います。しかし、マンション投資には向き不向きがあります。

マンション投資はマンションを買って、その賃料を収入源として賃貸経営を行う、というただこれだけのことですが、果たしてマンション投資はどのような方が向いているのでしょうか?

大前提として、毎月一定の固定収入がある方です。つまり会社員の方になります。ワンルームマンションなら少ない金額でもはじめられますが、そうは言ってもすべて自己資金で、というのは無理があります。そのため、金融機関から多額の資金をローンで調達しなくてはなりません。しかし、ローンを組む場合、家賃収入があるとはいえ、やはり本人の資質は見られます。あくまで「この人にお金を貸しても果たしてお金は戻ってくるのだろうか」という視点でチェックするのですが、性格的なことはどうであれ、まずは返済できるだけの生活基盤はあるのかどうかが大事なポイントです。
その上で毎月一定の収入が得られているのは、金融機関の中では前提としてあるので、安定した収入のある会社員の方は金額の代償に関わらず、大きなアドバンテージがあります。

個人年金としてのシステムと、保険としてのシステムを両立している保険商品である個人年金保険というものをご存知でしょうか?老後資金に対する悩みというのは多くの人が大なり小なり抱えているかと思います。さらに、健康や自分の死後の心配というのも、同様に多くの人が抱えていることでしょう。

この個人年金保険というのはその両方に対してアプローチしているものだと考えて頂ければ良いと思います。そこでここでは、個人年金保険の種別の一つである保証期間付終身年金というものについて紹介していきたいと思います。これは、年金を受け取ることができる期間が少なくとも何年か保障されているというものです。

というのも、もし保険料を支払い終わった直後に死亡してしまった場合、結局保険の年金部分の効果を得る前に終了してしまうことになるためです。このような自体を避けるために、もし受給開始から一定期間内に死亡してしまった場合について、一定期間の年金受給の資格が家族に引き継がれるというものです。終身保険もありますから、死亡時の保険金も支払われます。

自分のためというよりは、残された家族のことを考えた保険のシステムであり、大黒柱にとっては重要な方法の一つとなるでしょう。

資産形成のポイントは投資と貯蓄のバランスにつきます。収入を増やすことや支出を減らすことも大切ですが、これらは頑張ろうと思っても限界があります。しかし、投資と貯蓄は可能性をいくらでも増やしていくことができます。

たとえば投資に関しては、会社員の方であれば勤務先から支給される毎月の給料やボーナスを元に投資商品を購入して投資をしていくことと思います。今は会社員の方からは投資信託が人気があります。投資信託は少ない資本ではじめることのできる資産運用で、1万円くらいの金額から投資を行うことができます。投資信託購入後はプロのファイナンシャルアドバイザーが集めた資金を元に株式や債券を購入し運用してくれます。運用益は投資をした投資家に分配されます。つまり少ない資本でプロに運用を委託して、それによる利益を受け取ることができます。投資信託はローリスクで資産が増やせる投資になります。こうした投資商品を使って資産を育てていくことが可能です。

また、貯蓄に関しては毎月少ない金額でも少しずつ貯めていくことで時間をかければその分増えていきます。しかし、貯蓄も物価が上がれば目減りしますので、投資に回すなど生きたお金の使い方をすると良いです。

資産形成のポイントは投資と貯蓄のバランスあなたは考えてますか?

この記事を読んだ方はこちらのコンテンツにも興味があるかもしれません。
新たなビジネスモデルで業界に風穴を吹かせるベンチャー企業を大特集!
知って得する情報が盛りだくさんなのでぜひお読みください。

リスクを減らしながら投資をするなら長期分散投資に限ります。長期分散投資はリスクを極限まで減らし、さらに投資した資金を最大限に増やす期待が持てる投資法です。それほどまでに魅力的と言われる長期的ですが、具体的にはたくさんの銘柄に対して分散しながら、買った銘柄を保有し続ける、ということになります。分散投資を行うことで、株価下落による資産の目減りリスクを減らし、かつ、長期保有に伴う複利の効果で資産を効率的に大きく成長させることも可能にさせます。

では、どのくらい長期で保有すればいいのか、という疑問も生まれることでしょうが、これは具体的にこれくらいが良いとは言いきれません。投資する際の年齢や資産を育てる期間、元の元本などすべて条件が人によって異なるからです。
しかし、複利の効果を享受できるという意味では一年でも長く保有することがおすすめです。複利は元金についた利息にも金利がつきます。利息が利息を生み出しますので、長い年月をかければかけるほどその威力が発揮されます。

また、せっかく分散投資をするならば、株式のファンドと債券のファンドなど、異なる種類のファンドに分散することです。分散を重ねることでリスクはさらに減らせます。

Slideshareの注目コンテンツをご紹介します。
富裕層向け金融サービスで確かな実績を持つアブラハムグループの新会社のパンフレットはこちら
サービス概要やCredo、役員紹介等が掲載されています。

将来の老後資金や、これから先の人生の中で起こる万が一の時の備えとして長期投資で手持ちの資産を育てようという方も多いと思います。2014年1月よりNISA(ニーサ)という少額投資非課税制度もスタートして、より長期投資がしやすい環境が整ってきました。
NISAや長期投資との相性が良い金融商品というと積立投信が挙げられます。積立投信は毎月コツコツと積み立てながらファンドを購入するものです。NISAの非課税枠は最長で5年ですから、長期で運用することを目的とした積立投信はピッタリです。
では積立投信で運用するファンドはどのようなものが良いのでしょうか?
一番理想的なのが運用期間が5年以上、あるいは無期限のファンドを選ぶと良いでしょう。
ファンドの中にはあらかじめ運用期間が設定されているものがあります。NISAを利用して5年間積み立てて運用するのであれば、それより前に運用が終わってしまうファンドはNISAには向いていません。運用期間がNISAの非課税枠である5年以上、あるいは無期限のものであればNISAのメリットを最大限活かせますので、そのようなファンドを選びましょう。
しかし、ファンドの総資産が一定額を下回った段階で運用が終了するので、その点は注意が必要です。

ファンドと呼ばれることも多い投資信託には、実際には幾つもの種別というものが存在しています。そこでここでは、投資信託の種別について紹介していき、どの投資信託を利用するのが良いのか、ということについて考えていきたいと思います。

まず、最も初心者向けであるのがバランスファンドと呼ばれる投資信託です。バランスファンドは、この投資信託一箇所だけを購入することで、投資の基本であるポートフォリオの分散が行えるようになっている、というものです。バランスファンド内でもって分散投資が行なわれているため、自分で投資先の分散を行う必要がなく、手間が掛かりません。自分の考えるバランスに近いファンドを探して契約すれば、あとはやるべきことは振り込みだけ、ということになります。

次に、相場に合わせて投資を行う投資信託であるインデックスファンドというものがあります。こちらは一箇所だけではポートフォリオの分散がなされていませんが、その代わり対象となる指標に合わせた投資というものを行なっており、一つ一つの利益はそれほど大きくないものの、大きな損失を負うこともない、という安定的な運用を目指すことが出来るようなシステムとなっています。

最新の転職情報はこちら
アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社(港区の求人情報サイト:求人Free)
設立されて間もないベンチャー企業です。