マンション投資は不労所得が魅力ということで、将来的に挑戦してみたいという方も多いと思います。しかし、マンション投資には向き不向きがあります。

マンション投資はマンションを買って、その賃料を収入源として賃貸経営を行う、というただこれだけのことですが、果たしてマンション投資はどのような方が向いているのでしょうか?

大前提として、毎月一定の固定収入がある方です。つまり会社員の方になります。ワンルームマンションなら少ない金額でもはじめられますが、そうは言ってもすべて自己資金で、というのは無理があります。そのため、金融機関から多額の資金をローンで調達しなくてはなりません。しかし、ローンを組む場合、家賃収入があるとはいえ、やはり本人の資質は見られます。あくまで「この人にお金を貸しても果たしてお金は戻ってくるのだろうか」という視点でチェックするのですが、性格的なことはどうであれ、まずは返済できるだけの生活基盤はあるのかどうかが大事なポイントです。
その上で毎月一定の収入が得られているのは、金融機関の中では前提としてあるので、安定した収入のある会社員の方は金額の代償に関わらず、大きなアドバンテージがあります。