貯蓄型保険を利用することを考えるのであれば、当然ながらどんな保険を利用するのかを考える必要があります。貯蓄保険として代表的なのは終身保険、養老保険、年金保険、学資保険などです。これらはまず目的から大きく二つに分類することが出来るでしょう。

前三者については老後、ないしは自分の死後に向けた保険ということになります。対して学資保険は子供の将来に対する保険ということになります。これらの壁というのは超える事ができず、まずはどちらの目的で貯蓄型保険を利用するのかを考えると良いでしょう。

では、前三者についてはどのように選んでいけば良いでしょうか?まず、自分が生きている間には保険効果を期待しない、あくまでも自分の死後についての保険が欲しいというのであれば、終身保険が適しています。死亡時に返戻されるため、自分の手元に来ることはありませんが、残される金額は大きく家族のその後を支えるのには十分です。

養老保険は、この終身保険に満期を設定したものです。満期を迎える前に亡くなってしまってもその時点で保険金が支払われますし、満期を迎えた場合にもその時点で保険金を受け取ることが出来るようになっており、フレキシブルな対応が可能です。