将来、誰にも訪れる老後について不安があり、個人年金保険にも興味を持ち始める方も多いのではないでしょうか?

個人年金には大きく分けて2種類あります。
定額年金と、変額年金です。

定額年金とは、将来の年金額を最初に設定して毎月一定額の保険料を支払っていくタイプの保険です。
変額保険と違って予定利率に変動はなく、将来決まった額の年金が受け取れるのが特徴です。

変額保険とは、毎月支払う保険料は変わりませんが、将来受け取れる年金の額は保険会社の運用結果実績次第で変動するので、将来決まった額の年金を受け取るタイプではありません。運用結果が良ければ、将来受け取れる年金も多くなりますし、逆に運用結果が悪ければ、将来受け取れる年金額はその分少なくなります。

変額保険では、預かった保険料を一般的な一般勘定ではなく、特別勘定というところで運用します。
その特別勘定では、一般的な保険の運用方法である国債などの手堅い金融商品の比率は少なく、株式などに積極的に投資されるのが特徴です。

手堅く決まった年金を受け取りたい人は定額年金が向いていますし、リスク許容度の大きい人は変額保険に魅力を感じると思います。個人年金保険は、保険である事から、万が一の保障が付いている点が投資信託などで将来に備えるのと大きく違います。