リスクを減らしながら投資をするなら長期分散投資に限ります。長期分散投資はリスクを極限まで減らし、さらに投資した資金を最大限に増やす期待が持てる投資法です。それほどまでに魅力的と言われる長期的ですが、具体的にはたくさんの銘柄に対して分散しながら、買った銘柄を保有し続ける、ということになります。分散投資を行うことで、株価下落による資産の目減りリスクを減らし、かつ、長期保有に伴う複利の効果で資産を効率的に大きく成長させることも可能にさせます。

では、どのくらい長期で保有すればいいのか、という疑問も生まれることでしょうが、これは具体的にこれくらいが良いとは言いきれません。投資する際の年齢や資産を育てる期間、元の元本などすべて条件が人によって異なるからです。
しかし、複利の効果を享受できるという意味では一年でも長く保有することがおすすめです。複利は元金についた利息にも金利がつきます。利息が利息を生み出しますので、長い年月をかければかけるほどその威力が発揮されます。

また、せっかく分散投資をするならば、株式のファンドと債券のファンドなど、異なる種類のファンドに分散することです。分散を重ねることでリスクはさらに減らせます。

Slideshareの注目コンテンツをご紹介します。
富裕層向け金融サービスで確かな実績を持つアブラハムグループの新会社のパンフレットはこちら
サービス概要やCredo、役員紹介等が掲載されています。