日本において、今大きな問題となっているのが「老後資金」についての問題です。これまで、老後資金というのは公的年金と退職金によって概ねまかなえるものであるとして考えられてきました。確かに団塊の世代ぐらいまでの人達であれば、これでも問題なく生活ができていたと言えます。しかし、公的年金の仕組みが縮小していくに当たり、今後そのようなことができなくなることが目に見えてきました。その為、個人による資産形成が重要視されるようになったわけです。

そんな老後資金の形成に向けた投資のサポートを行っているのが、アブラハム・グループ・ホールディングスという会社です。アブラハム・グループ・ホールディングスは社会的課題を解決する|高岡社長という目的で活動を行っています。

この会社は2013年に一度投資助言会社の六ヶ月間業務停止命令を受けることになりました。アブラハム・グループ・ホールディングスだけではなく、大手のコンサルティング業者が合計9社も業務停止される事態となったわけです。多くの会社がこれによって解散することになりましたが、アブラハム・グループ・ホールディングスは社員がやめることなく、6ヶ月後に新たな金融ライセンスを取得して復活を遂げました。